カテゴリ:今日の一曲( 33 )
SAKURA 『コエヲキカセテ』
この曲にはたくさんの思い出があります。
先日、歌のお仕事で知り合った方とSAKURAの話で盛り上がって、久しぶりに聴き直してました。

私は日本女性のアーティストの中でSAKURAが一番好きです。
ソウルフルな歌もどんとこい、切ない歌もどんとこい!!て感じで。
『シシラ(涼季)』というアルバムは本当に最高。
このアルバムの2曲目が『コエヲキカセテ』なのです。


では、私の思い出話をお聞きください。
大学に入って、サークルでの初ライブ、私はこの曲を歌いました。

バラードのこの曲、気持ちが乗ります乗ります☆


ただ一つ心配事が...


歌詞がよくわからないところがあって...

「調べろよ」
「歌詞カード見ればいいじゃん」
などなどたくさんの意見が寄せられそうですが。


当時の私は、MDから楽譜をおこし、歌詞も聞き取っていたので、
それにね、TSUTAYAとかのレンタルショップが近くになくて...

などなどたくさんの言い訳があり、
聴こえたままに歌ったでした。


正解の歌詞は


「そう寂しくて」 盛り上がりの箇所でかっこよく歌うの。




わたしったら



「So さぁ Busy Go day」 

「さぁ」ってナニ?
「忙しい毎日だけどGO!!」みたいな意味かしら...
って散々考えたよ。

考えて考えて

「そーさびーじーごーでー」
と堂々と歌い上げました。


その後ビデオで見て、たくさんの人から
「あれなんて歌ってるの?」
「なんでしらべないの??」

本当に最もなご意見を頂戴して…
本人反省しております。


でもね、SAKURAさん、
あなたの『コエヲキカセテ』は名曲です。
[PR]
by elica_ito | 2006-04-16 22:45 | 今日の一曲
James Blunt 『You're Beautiful』
私、先日恋をしました。あれは夕方の山手線。
五反田から新宿へ帰る途中、ちょうど恵比寿あたりだったかなぁ。

そんなに混んでたわけじゃないんだけど、立ってたの。つり革に摑まらずにね。
で、電車が揺れて、ふらっとなった瞬間、

「あ、倒れるぅ」

私は焦りました。

すると、背中に温かいぬくもりを感じたのでした。
誰かがそっと私の背中を支えてくれたのでした。


うん、今でもあの感触ははっきり覚えています。
強くなく、やさしく、でもしっかり。


キュン☆っとしました。




「えぇ!!!!!!!」
支えてくれてるの?バレリーナってこんな気持ちなのぉ??
みたいな感激とともに、後ろを振り返ると



フォー


リン


ラブ


超カワイイー!!!20才前後のベリベリナイスガイでした。





「えぇ、どうしたらいいの?この出逢い!!」


「これからなんか始まるかもよ!」

「えーはじまるわけないじゃん」

「とりあえず何かいわなきゃ!」

「でも何て?」

というやりとりを頭の中でくり返し(たぶん時間にして1秒くらい)、
でた言葉は




『あ、ありがとうございます』



普通だ。


いや、びっくりするくらい普通だ。


情けなさ過ぎる、私。しかも超ぎこちないロボットみたいな笑顔だったはず。


もしこのネットの世界が広いのなら、名乗り出てくれないかしらん。
もう一度逢いたい。




前置きはさておき、何でこの曲かというと、
この歌詞の内容が地下鉄での一目ぼれだからです。

まさに彼は
『You're Beautiful』だったのでした。
[PR]
by elica_ito | 2006-04-13 01:42 | 今日の一曲
BROWNSTONE 『I Can't Tell You Why』
私が女性コーラスの歌に初めて鳥肌が立った曲!
初めてなので、これでいきましょう。
それまでは歌ものといっても、男性の歌が好きだったのです。
アイズレーにしろ、アースにしろ、モータウン系にしろね。
女性コーラスは、かわいさを重視したのが多いって思ってたのかなぁ。
なんか魅力を感じなかったの。

でも原曲がイーグルスの、この曲を聴いたとき、

『なっ、なっ、なんぞや!?!?!?』

自分の感覚をつかさどる全ての器官でこの曲を聴いていました。

女性ならではの憂いとか、凛々しさとか、さらには男性コーラスには勝てないであろうと思っていた、厚みまで全てがちょうどいい感じで奏でられてます。
原曲もカッコイイのですが、さらにコーラスが引き立ててる♪

私もこういうの歌いたい!!そう思ったのがいつだったかなぁ。
当時はスパイスガールズやTLC、エターナルなんかがいたかなぁ。もうちょい後だったかなぁ。


そう、歌いたいと思って、大学で初めて楽譜を書いたのもこの曲でした!
今はデスチャが世に出た後なので、黒いかっこよさという点では、これほどの衝撃は伝わらないかもしれないけど。

是非一度聴いてみてください!
[PR]
by elica_ito | 2006-04-11 01:30 | 今日の一曲